読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

70-483日本語トレーニング費用、70-411最新な問題集

 

NO.1 DRAG DROP
あなたは、Microsoft SQL Server データベース にゕクセスするゕプリケーションがあります。
データベースは、Proc1 という名前をつけら れるストゕドプロシージャを含みます。 Proc1
は、複数のテーブルの向こうで数列のデータにゕクセスします。
あなたがする Proc1 を実行した後、 データ ベースが一貫性のある状態のままにされているこ
とを確認する必要があります。 Proc1 が実行する間、 他のいかなる活動も Proc1 によってす
でに読まれ るか、 変わ るデータを 修正す るこ とができま せん。 (選 択して、必 要なコ ード ス
ニペットを注文することでソリューションを開発します。
Answer:

NO.2 ゕプリケーションは、Person というクラスが含まれています。 Person クラスは、
GetData の名前の方法 が含まれています。
あなたは Person クラ スからの GetData () ことを確認する必要があります。
あなたは、GetData ( )方法のために、どのゕクセス修飾子を使用するべきですか?
A. Internal
B. Private
C. Public
D. Protected
E. Protected internal
Answer: D

70-483日本語書籍

NO.3 あなたは、C # を使用して、コンソールゕプリケーションを作成しています。
ゕプリケーション? ゕセンブリにゕクセスする必要があります。
どのコード部分を使うべきですか?
A. Assembly.GetAssembly(this);
B. Assembly.GetExecutingAssembly();
C. this.GetType();
D. Assembly.Load();
Answer: B

70-483日本語スクール
Explanation:
Assembly.GetExecutingAssembly - Gets the assembly that contains the code that is currently
executing.
http://msdn.microsoft.com/enus/library/system.reflection.assembly.getexecutingassembly(v=vs.11
0).aspx
Assembly.GetAssembly - Gets the currently loaded assembly in which the specified class is defined.
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.reflection.assembly.getassembly.aspx

NO.4 あなたは、デー タベースから読むゕプリケーションを作成しています。
あなたは、 条件つきの編集技術を用いて開発段階とつらい段階の間、 異なるデー タベースを
使う必要があります。
あなたは、何をするべきですか?
A. Run the Assembly Linker tool from the Windows Software Development Kit (Windows SDK).
B. Configure the Define TRACE constant setting in Microsoft Visual Studio.
C. Decorate the code by using the [assembly:AssemblyDelaySignAttribute(true)] attribute.
D. Specify the /define compiler option.
Answer: D

70-483日本語専門知識 70-483日本語クエリ
Explanation:
You can specify the compiler settings for your application in several ways:
*The property pages
*The command line
*#CONST (for Visual Basic) and #define (for C#)
Note: You can have either the Trace or Debug conditional attribute turned on for a build, or both, or
neither. Thus, there are four types of build: Debug, Trace, both, or neither. Some release builds for
production deployment might contain neither; most debugging builds contain both.
Reference: How to: Compile Conditionally with Trace and Debug
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ 64yxa344(v=vs.110).aspx

Microsoftの70-483日本語トレーニング費用は現在のIT領域で本当に人気がある試験です。この試験の認証資格を取るのは昇進したい人々の一番良く、最も効果的な選択です。しかも、この試験を通して、あなたも自分の技能を高めて、仕事に役に立つスキルを多くマスターすることができます。そうすれば、あなたはもっと素敵に自分の仕事をやることができ、あなたの優れた能力を他の人に見せることができます。この方法だけであなたはより多くの機会を得ることができます。

人生には様々な選択があります。選択は必ずしも絶対な幸福をもたらさないかもしれませんが、あなたに変化のチャンスを与えます。JapanCertのMicrosoftの70-411最新な問題集はIT職員としてのあなたがIT試験に受かる不可欠なトレーニング資料です。JapanCertのMicrosoftの70-411最新な問題集はカバー率が高くて、更新のスピードも速くて、完全なトレーニング資料ですから、JapanCert を手に入れたら、全てのIT認証が恐くなくなります。

JapanCertについてどのくらい知っているのですか。JapanCertの70-483日本語トレーニング費用を利用したことがありますか。あるいは、知人からJapanCertを聞いたことがありますか。IT認定試験に関連する参考書のプロな提供者として、JapanCertは間違いなくあなたが今まで見た最高のサイトです。なぜこのように確かめるのですか。それはJapanCertのように最良の70-483日本語トレーニング費用を提供してあなたに試験に合格させるだけでなく、最高品質のサービスを提供してあなたに100%満足させることもできるサイトがないからです。

70-483日本語試験番号:70-483日本語トレーニング費用
試験科目:「Programming in C# (70-483日本語版)」
最近更新時間:2016-10-21
問題と解答:236

>> 70-483日本語トレーニング費用

 
70-411試験番号:70-411最新な問題集
試験科目:「Administering Windows Server 2012」
最近更新時間:2016-10-21
問題と解答:250

>> 70-411最新な問題集

 

一回だけでMicrosoftの70-411最新な問題集に合格したい?JapanCertは君の欲求を満たすために存在するのです。JapanCertは君にとってベストな選択になります。ここには、私たちは君の需要に応じます。JapanCertのMicrosoftの70-411最新な問題集を購入したら、私たちは君のために、一年間無料で更新サービスを提供することができます。もし不合格になったら、私たちは全額返金することを保証します。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.japancert.com/70-483J.html